コンドーム通販比較

感染のリスクをちゃんと知る事

コンドームは、セックスを行なう際に避妊や性感染症を予防するために必要な避妊具で、公的にも推奨され多くの方がセックスの際に使用していますが、コンドームを使用するとセックスが気持ちよくなってしまうのでは?と、疑問を持っている方も多いと思います。

最近では、コンドームを販売する各製造メーカーもコンドームの製造に対して、使用者のニーズに応えられるような様々な商品を製造・販売しています。

セックスをする際、女性を妊娠させてしまうことや、クラミジアやエイズなどの性感染症に感染してしまうかもしれないというリスクを考えれば、コンドームをセックスの際に着用しなければならないという必要性は分かると思います。

しかし、コンドームをすることでセックスが気持ちよくなくなってしまっては、やっぱりコンドームを着用してのセックスはあまりやりたくならないと思います。

そのため、コンドームを製造する各メーカーは、コンドームをしっかりと着用してセックスをおこなっても、性的な快感を損なわせないような商品づくりにとてもチカラを入れています。

まず、どのコンドームメーカーもチカラを入れているのが、コンドームのゴムをいかに薄くして丈夫に作ることができるかといったところです。

コンドームのゴムが薄ければ薄いほど、それだけコンドームを装着しているという感覚が薄くなり、より生のセックスに近い感覚をあじわうことが可能となります。

しかし、コンドームのゴムを薄くすれば、それだけコンドームのゴムの強度も薄いものになりますので、商品としての役割りを果たさなくなってしまいます。

現在では、ラテックス製のゴムを使用したコンドームでいちばん薄いコンドームのゴムの厚さは0.03ミリ、ポリウレタン製のゴムを使用したコンドームでいちばん薄いコンドームのゴムの厚さは0.02ミリとなっています。

この厚さが現在のコンドームの限界の薄さとなっており、これ以上薄くすると強度にも問題が出てくるので製造は困難になります。

サイト内検索

提携ストア


↑ PAGE TOP